通称:サイレント文字とも呼ばれているこの発音しない文字

 

英語には多数存在しており、今まで何回か取り上げてきました。

 

前回に引き続き、2回目も紹介していきたいと思います。

 

「igh」

「igh」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

“i”を[ai]とアルファベット読みして、後ろのghを発音しません。

 

例:high(ハイ)  sigh(サイ)  light(ライト)  night(ナイト)

bright(ブライト)

 

「eigh」

「eigh」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

 “ei”を[ei]とフォニック読みして、後ろのghを発音しません。

 

例:sleight(スレイ)  weigh(ウェイ)  eight(エイト)

weight(ウェイト)

 

「augh/ough」

「augh/ough」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

”au/ou”を[ɔ:]と発音して、後ろのghを発音しません。

 

例 bought(ボウト)  brought(ブロウト)  thought(ソウト)

caught(コウト)taught(トウト)

 

「wr」

「wr」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

 “w” 発音しないで、”r”を[r]発音します。

 

例  write(ライト) wrap(ラップ)  wrong(ロング)

wrist(リスト)

 

「wh」

「wh」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

”wh” の直後に”o” がくる場合は”w“を発音しないで、[h]を発音します。

 

例  whole(ホウル)  who(フー)  whose(フーズ)

whom(フーム)

 

 

まとめ

英語の発音に関しては、かなり変わったルールがあるのが分かりますね。

 

少々長くなると判断したので、2つに分けて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

また英会話の発音に関する情報を紹介しますので、よろしくお願いいたします。

おすすめの記事