英会話をしていると、発音しないスペルがありますね。

 

以前に、発音しない語頭を紹介しましたが今回は語尾に発音しないスペルを紹介します。

 

語尾の「e」について

まず、結論から言いますと、語尾の「e」を英語ネイティブの方は無視します。

 

例でいうと、like, cake, date, fake, cute, deleteなどなどです。

 

これはローマ字表記でも、メジャーリーグにいった松坂大輔選手は、現地で「DAISUKE」で最後の「E」が発音されません。

 

ではなぜ存在しているのか?それは「子音1個はさんだ手前の母音」に関係しているためです。

 

これだけではわかりませんので例をつけて紹介したいと思います。

 

最後にeが付いているか、ついていないかの違いがある単語sitとsiteがありますね。

 

・sit

・site

 

この単語は、sitと発言するなら「i」のところを短く発音します。

 

siteは発言するなら「i」の所は「い」と発音します。

 

これはsitがeがないために短母音、siteはeがあるために長母音となるためです。

 

なんとなくわかっていたという人も多々ありますが、実は結構重要です。

 

進行形にするときに重要

 

現在進行形にするとき、語尾に「ing」を付けるのは皆さん知っているとは思います。

 

この「ing」と語尾の「e」には深い関係があるのです。

 

sitにingを付けるとき、tを重ねる事はおぼえていますか?

 

また、siteにingをつける時はeを消しますね?

 

これは母音が長母音短母音であるかで消すか消さないかが決まります。

 

長母音はeを消してingを付ける

 

短母音は語尾のアルファベットを重ねてingをつけます。

 

例外のパターン

 

see, fee, die, lie, due, teen, meet, feel

 

子音を挟まずに前の母音とくっついて登場する単語がありますね。

 

もし先に紹介した単語のルールに従うならこれらは語尾にeがないから短母音と判断してmeettingになると考えてしまうかもしれませんが、実際はそうなりませんよね。

 

これは例外のパターンとなります。

 

子音を挟まずに前の母音とくっついて登場する場合、「ing」がついても「e」は省略せずにingを付けます。

 

え?「listen」や「visit」はどう判断すればよいかですか?

 

アルファベットの頭を強調する発音の時は、先の例外は適用されません。

 

実にややこしいですが、英語にはこういうルールが多いので少しづつ覚えていきましょう。

おすすめの記事