通称:サイレント文字とも呼ばれているこの発音しない文字

 

英語には多数存在しており、今まで何回か取り上げてきました。

 

そこで今回は、発音しない英単語を徹底的に紹介していきたいと思います。

 

「mb」

「mb」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

前の子音 ”m” [m]を発音して、”b” を発音しません。

 

例:lamb(ラム)  climb(クライム)  bomb(ボム)  comb(コウム)  thumb

 

「dge」

「dge」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

“d“を発音しないで、後の”ge” [ʤ]を発音します。

 

例:edge(エッジ)  ledge(レッジ)  badge(バッジ)lodge(ロッジ)   budget(バゲット)  bridge(ブリッジ)

 

「kn」

「kn」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

“k” を発音しないで、後の”n”を[n]を発音します。

 

例 knit(ニット)  knob(ノブ)  knife(ナイフ)  knap(ナップ)

know(ノウ)  knight(ナイト)

 

「stle」

「stle」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

“t“と”e“を発音しないで、”sl” [sl]と発音します。

 

例  nestle(ネスル)  whistle(ウィスル)  bristle(ブリスル)

hustle(ハスル)

 

「alk」

「alk」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

“lk”の前に母音”a”がきた場合、”l“を発音しないで、[ɔ:k]の発音になります。

 

例  talk(トーク)  walk(ウォーク)  stalk(ストーク)

balk(バーク)

 

「al」

「al」と表記されている単語には、発音するに際して特別なルールがあります。

 

“l” を発音せずに[ɑ:]の発音する単語

 

例  calm(カーム)  paim(パーム)  calf(カーフ)  half(ハーフ)

 

 

まとめ

英語の発音に関しては、かなり変わったルールがあるのが分かりますね。

 

少々長くなると判断したので、2つに分けて紹介します。

 

その2は近日中に公開しますので、楽しみにして下さい。

 

おすすめの記事