英会話を勉強していると、教科書とにらめっこしていると思います。

 

その時、英単語のスペルとにらめっこしながら発音し、聞くと思います。

 

ですが、この時ふと思いませんか?

 

発音しないスペルを覚えていたほうがよいのではないか?

 

今回は、発音しないスペルを紹介していきたいと思います。

語頭の「k」

 

スペルの頭に「K」が入った文字があります。

 

こちらのスペルがKnと続いた場合、nしか発音しません。

 

例えば、knife(ナイフ)があります。

 

こちらは頭のKを発音しないでnifeの部分だけ発音します。

 

他にも動詞の「know」。

 

こちらも頭のKを発音しないでnowの部分だけ発音します。

 

語頭の「h」

 

スペルの頭に「H」が入った文字があります。

 

こちらも一部、頭にHが入っていた場合、最初のHを発音しません。

 

例えば、honest(正直な)があります。

 

こちらも最初のhを発音しないでonestの部分だけ発音します。

 

他にも「humour」(ユーモア)。

 

こちらも頭のHを発音しないでumourの部分だけ発音します。

 

他の単語には、heir、honest、honor、hourなどがあります。

 

語頭の「p」

スペルの頭に「P」が入った文字があります。

 

こちらも基本、頭にPが入っていた場合、最初のPを発音しません。

 

例えばpsychokinesis(念力)があります。

 

こちらも最初のpを発音しないでsychokinesisの部分だけ発音します。

 

稀に「p」が発生する場合がありますので注意が必要です。

 

語頭の「p」を発音しない単語は主に、psychic、psychokinesis、psychology、psychopathyがあります。

 

psychのスペルを覚えておけば良いですね。

 

まとめ

 

今回は、語頭で発音しない単語について紹介しました。

 

発音しないスペルは他にも多数存在するため、引き続き紹介していきたいと思います。

 

お住まいの近くで英会話教室をお探しなら

 

こちらの英会話おすすめを参考にして下さい。

 

こちらのサイトは各地域の英会話教室を網羅しているため、お住まいの地域からおすすめの英会話教室を調べるなら、こちらがおすすめです。

おすすめの記事